セラピスト紹介

MEDI 心理カウンセリング 東京
在籍カウンセラー紹介


東京都渋谷区代々木で、カウンセリングや心理療法を行っています。カウンセリングの他にも問題解決のためのアプローチや、考え方の癖の改善、トラウマ治療もおこなっています。ジェンダーやセクシュアリティ、性被害に関するご相談も受け付けています。

 

代表・カウンセラー:浅井伸彦(あさい のぶひこ)

 

略歴

一般社団法人国際心理支援協会 代表理事、株式会社Cutting edge代表取締役。大阪芸術大学 非常勤講師。
関西大学社会学部(心理学専攻)卒業後、京都教育大学教育学研究科(学校教育専攻学校教育専修教育臨床心理学コース)修了。スクールカウンセラー、神戸大学文学研究科の乳幼児発達研究の技術補佐員、大阪市立の特別支援学校講師、大学学生相談室カウンセラー、心療内科カウンセラー、社会福祉協議会でのストレスチェックなどに携わってきた。

資格

公認心理師、臨床心理士、保育士、高等学校教員免許状(英語科・地理歴史科)、The certificate that qualifies to act as responsible supervisor, trainer and psychotherapist for dialogical approach in couple and family therapy、ADファシリテーター認定コース修了、EMDR Weekend2修了、Brainspotting phase1修了、TFTアルゴリズム・レベル修了、Body connect therapyコアスキルトレーニング修了、Internal Family Systems model(introduction)、Somatic experiencing module1修了。 その他、自我状態療法、ホログラフィトークなどを学ぶ。一般社団法人国際心理支援協会にて、家族療法やオープンダイアローグのトレーニングを提供している。

専門

専門は、システムズ・アプローチによる家族療法、オープンダイアローグ、EMDRなどのトラウマケア(上記、資格を参照)。家族療法やEMDRなどを中心とした折衷的心理療法を行う。対象として、不登校・発達障害・うつ病をはじめとした各種相談を受けてきた。

所属学会

日本心理臨床学会、日本家族療法学会、日本家族心理学会、日本ブリーフサイコセラピー学会、日本EMDR学会、日本心身医学会、EMDRIA(EMDR International Association)、AAFT(Asian Academy of Family Therapy)

出版物

著書は、「公認心理師になるには(秀和システム)」「臨床心理士等心理系大学院 入試&資格試験のための心理学標準テキスト(秀和システム)」「公認心理師試験対策標準テキスト(秀和システム)」「逆転の家族面接(日本評論社)」など、10冊以上。

カウンセラー:みたらし加奈(みたらし かな)

 

略歴

1993年、東京都生まれ。前職である総合病院の精神科では、研究助手兼臨床心理士として勤務。普段はSNSを通して、精神疾患の認知を広める活動を行なっている。性暴力や性的同意に関する情報発信をするNPO法人mimosas(ミモザ)の副理事。TOKYO MX『モーニングFLAG』レギュラー出演中。ほか、様々なメディアにエッセイを寄稿している。

資格

臨床心理士

関心領域

青年期、ジェンダー/セクシュアリティ(LGBTQ)、性暴力被害、カップルカウンセリング

所属団体

日本心理臨床学会
NPO法人mimosas

カウンセラー:本多 哲也(ほんだ てつや)

略歴

駒澤大学文学部心理学科卒業。駒澤大学大学院人文科学研究科心理学専攻臨床心理学コース修了。児童相談所、教育相談室、スクールカウンセラー、大学保健センターなど主に思春期、青年期を中心に臨床に携わってきた。

資格

公認心理師、臨床心理士、Body Connect Therapy コアスキルトレーニング修了。

専門

専門は解決志向ブリーフサイコセラピーや家族療法などの心理療法で、不登校や発達障害、虐待を始めとした思春期、青年期の各種相談を受けてきた。

所属学会・団体

日本心理臨床学会、日本ブリーフサイコセラピー学会

その他カウンセラーも在籍(曜日によって担当は異なります)。